일본어문학 제7집, 1999.9, 97-116 (20 pages)

『日本書紀』에 나타난 한반도 고유명사 표기자의 특이성에 대한 小考 - 『日本書紀』 고유명사에 대한 αㆍβ群 구분 기준 적용 가능성을 중심으로 -

A Study on specific property of Korean's proper nouns in 『Nihonshoki』 - About possibility of applying 'αㆍβ' theory -
MIZUNO Shumpei
구매하기 가격 : 5,000원

기관회원으로 로그인 하시면, 무료로 논문을 열람하실 수 있습니다.

보관함
공유하기
중국어 초록
720年に成立した『日本書紀』には韓半島に關連する數多くの固有名詞が現れている。これらの固有名詞の表記は古代韓國の漢字音硏究、韓國語の借字表記體系や音韻の硏究において注目されてきた。しかし『日本書紀』に現れる韓半島關連固有名詞を硏究するのに先立って、これらの固有名詞がはたして韓半島人の手によって書かれたのかを明らかにする作業が必要となる。從來の硏究において、これら韓半島關連固有名詞の音假名は推古遺文に用いられた音假名と類似していること、さらに日本固有名詞の音假名には見られない音假名が使われていることが指摘されていた。しかし『三國史記』『三國遣事』などの固有名詞表記字と『日本書紀』の韓半島關連固有名詞に現れた音假名の間の一致度は低く、韓半島關連固有名詞が韓半島人の手によって書かれたという確證は得られていない狀態であった。 しかし最近、柳玟和(1994)などの硏究により韓半島關連固有名詞の音假名には森博達(1977)の主張する『日本書紀』の「αㆍβ群區分」を適用できないことが明らかになった。本稿では「αㆍβ群區分」が『日本書紀』の日本固有名詞にも適應できないことを明らかにした。これは固有名詞の表記には歌謠や訓注のような一貫した表記原則を適用しにくく、同一の固有名詞は同一の表記で統一しようとする意圖がはたらいたためであると思われる。故に「αㆍβ群區分」が韓半島關連固有名詞の特異性を立證することには有效ではないこと、『日本書紀』韓半島關連固有名詞表記の特異性は「αㆍβ群區分」に依らず、日本固有名詞の表記との比較を通して求められるべきであるというのが本稿の結論である。
목차
1. 들어가며
2. 기존 연구 개관
3. 『日本書紀』한반도 고유명사와 αㆍβ群 구분
4. 『日本書紀』일본 고유명사에 대한 αㆍβ群 구분
5. 맺는 말
참고문헌
<要旨>
상세서지
  • 발행기관 : 한국일본어문학회
  • 자료유형 : 전자저널 논문
  • 등재정보 : KCI 등재
  • 작성언어 : 한국어
  • 파일형식 : PDF
  • KORMARC 보기
  • URL : http://www.dbpia.co.kr/Article/527533 복사 즐겨찾기로 추가
참고문헌

멀티미디어

자료와 관련된 멀티미디어 콘텐츠와
다양한 고품질 이미지를 추천해드립니다.

뷰어다운받기

DBpia 모바일서비스 안내 바로가기

간편교외인증 서비스 안내 바로가기

맨 위로 이동
  • 개인회원으로 로그인하셔야 이용이 가능합니다.
  •  개인회원
  •  기관회원
  • 소속기관
  • 아이디
  • 비밀번호
  • 개인회원가입으로 더욱 편리하게 이용하세요.일반회원 가입하기

    아이디를 잊으셨나요?아이디찾기 페이지로 이동

    비밀번호를 잊으셨나요?비밀번호찾기 페이지로 이동

팝업 닫기 DOI 안내페이지로 이동 하루동안 팝업 닫기 팝업 닫기