日語日文學 第44輯, 2009.11, 97-109 (13 pages)

日本語母語話者の自称人称代名詞について

Concerning the First Personal Pronoun of Native Japanese Speakers
三枝優子
구매하기 가격 : 6,000원

기관회원으로 로그인하거나, 구매 후 이용할 수 있습니다.

보관함
페이스북 트위터
일본어 초록
自?の人?代名詞は基本的な語彙であるが、日本語においては「わたし」「あたし」「ぼく」「おれ」など複?が存在し、性差が明確で、また同じ人物であっても場面や相手により複?の自?詞を使い分けることも珍しくはない。しかし、日本語?習者向けの?科書ではその複?な使い分けや意味などにはほとんど?れられていない。
本稿では、小?生と大?生へのアンケ?ト調査、インタビュ?調査から現在の若者の自?の人?代名詞に?する使用意識を調査した。
その結果、小?生では男子よりも女子のほうが、複?の自?人?代名詞を使用している割合が高く、大?生では、男女で使用?に大きな差はないものの、大?生になってから新しい自?人?代名詞を使用しはじめるという回答は男子にのみに見られた。また、今回の調査は?東地方限定であるが、日本語?材などには出てこない「うち」という自?人?代名詞が小?生女子、大?生男女に使われており、女子の友達同士での?話などでは「わたし」よりも使用する割合が高かった。女子が小?時代に「うち」という自?詞を用いること、男子が大?時代に「自分」を用いることはともに「わたし」という自?詞が使いにくいことに起因すると考える。
목차
〈要旨〉
1. はじめに
2. 先行?究
3. 調査?要
4. 調査結果と考察
5. 自?詞「うち」について
6. まとめ
參考文獻
키워드 상세서지
  • 발행기관 : 대한일어일문학회
  • 자료유형 : 전자저널 논문
  • 등재정보 : KCI등재후보
  • 작성언어 : 일본어
  • 파일형식 : TextPDF
  • KORMARC 보기
  • URL : http://www.dbpia.co.kr/Article/NODE01290792 복사 즐겨찾기로 추가
참고문헌

멀티미디어

자료와 관련된 멀티미디어 콘텐츠와
다양한 고품질 이미지를 추천해드립니다.

뷰어다운받기

DBpia 모바일서비스 안내 바로가기

간편교외인증 서비스 안내 바로가기

맨 위로 이동
  • 개인회원으로 로그인하셔야 이용이 가능합니다.
  •  개인회원
  •  기관회원
  • 소속기관
  • 아이디
  • 비밀번호
  • 개인회원가입으로 더욱 편리하게 이용하세요.일반회원 가입하기

    아이디/비밀번호를 잊으셨나요?아이디/비밀번호 찾기

이 논문과 함께 다운받은 논문

팝업 닫기