본문 바로가기
[학술저널]

  • 학술저널

『流星의 인연』『루키즈』『걸 서클』을 중심으로

노황희(유한대학)

UCI(KEPA) : I410-ECN-0101-2012-913-003581870

표지

북마크 0

리뷰 0

이용수 260

피인용수 0

초록

『流星の絆』『ル-キ-ズ』『ギャルサ-』という、ドラマの臺本を通して見た現代の日本の若者言葉の文法的な特?と言語表現として、まず自分の行動と考えを相手に確認する意味で使われる文末表現に「~じゃん」という表現を使って、自分の主張をぼかして相手方に同意と確認を求める表現が最も多かった。また、責任回避意識による?定を避ける表現の「~モ?ド」を使用していて、次に、日本の若者たちは過度なストレスを持っていて、特に不安焦燥など良くない感情を現わす感情表現語「うざい」「やばい」「あぶない」「きもい」「めんどくせ」が多く見られた。三つ目として、これらの焦燥?連語は「?持が?い」を縮めた表現「きもい」と「やっぱり」の縮めた表現で「やっぱ」「やばい」の縮めた表現「ヤベ?」「あぶない」を縮めた表現「あぶね」「めんどうくさい」の縮めた表現「めんどくせ」「すごい」の縮めた表現「すげ」「うざい」を縮めた表現「うぜ?」「うるさい」を縮めた表現「うるせ」または?調表現「「うるっせ」などの語彙が見られた。
四つ目として、若者たちは?話する時、相手方を前提として、?話する?態で話すことで同調を求める表現「やっぱ」という表現を使い、最後に、意味もなく、話し始める時に使う文頭表現「ていうか」「っていうか」「つか」「てか」もあった。
結論として、整理されている感情語(あいまい微妙?連語)現代用語の基礎知識(2008)名詞系の用例が?際にドラマの臺本で最も多い使用頻度を示していることがわかり、インタ?ネット上で若者たちに使われている表現にも「きもい」と「うざい「やばい」「やっぱ」「あぶない」が良く使われており、若者たちがウェブ上で?際に使っている若者言葉と考えられる。

목차

서론
제1장 先行硏究 檢討
제2장 分析範圍와 方法
제3장 세 편의 드라마 대본에 나타난 젊은이 언어
결론
참고문헌
논문초록

참고문헌(0)

리뷰(0)

도움이 되었어요.0

도움이 안되었어요.0

첫 리뷰를 남겨주세요.
DBpia에서 서비스 중인 논문에 한하여 피인용 수가 반영됩니다.
인용된 논문이 DBpia에서 서비스 중이라면, 아래 [참고문헌 신청]을 통해서 등록해보세요.
Insert title here